引っ越しは先週末に終わり

引っ越しは先週末に終わりました。

引っ越しを終えた日に玄関の明かりをつけたとき、「ここが新しい家なんだ」と嬉しくなりました。こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ないピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。

誰でも、引っ越したなら、転出・転入の手続きをしますが、引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。

引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。
引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。

同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておくことが大事です。NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、同じ電話番号を使うことができます。

引っ越しの予告はだいたい決められているのは引っ越す日の1ヶ月前に設定しています。
ときどき3ヶ月ほど前に設定されている場合もあります。

こういう場合は、かなり注意しておきましょう。
3ヶ月以上前に告知しなければならないと決まっているのに1ヶ月くらい前なら大丈夫と考えていた場合は、2、3ヶ月分の家賃を支払い命令がくることがあります。

以前、引越しを経験しました。

引越し業者に依頼しましたが、そうは言ってもやっぱり大変でした。何が骨が折れるかというと、諸々の手続きです。市町村を移動すれば、印鑑証明請求のための印鑑登録もしておかなければなりませんでした。
ほとんど必要になることはないのですが、一応登録しておきました。
大がかりな引っ越しをするときには、結局は当日やらなければならないことが多く、一日作業に費やすでしょうから、事前準備ができそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは確実に終わらせなければなりませんし、当日使うことが予想される荷物は、運び出す荷物とは分けて使いやすくしておいた方が良いでしょう。大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、なるべく大型家具の表面や、家電に傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。新居の雰囲気に合わせて新品の家具などを購入したりした時は、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して丁寧に、運搬したいものですね。

きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、ガッカリしてしまうでしょうね。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。十分な大きさと量のダンボールを揃え、当面使わないものから梱包しましょう。

日用品は取り除けておき、それ以外を大まかな種類で分け、詰めれば大丈夫です。
ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開ける際、役立つでしょう。

電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きももれがないよう早めに進めてください。いろいろな引っ越しの進め方がありますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。
しかしそうであっても、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、作業を、なるべく近くで見守りましょう。

引っ越し業者の人が、もしもそんな荷物を取り扱っている間に傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、傷が確実に引っ越しによってついたものだと自分でわかっておく必要があります。引越しの前日にする項目で抜かせないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。

排水の仕方が分からない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜いておいた方が良いです。
常識ですが、中にものを入れてはいけません。
そうでなければ、当日冷蔵庫が運べないかもしれません。

自分の周囲に大変な数のものがある生活を送っているとすれば、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは全て荷造りできるのかということです。ものの多さの余り、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえば引っ越し自体を投げ出したい気分になりがちですが、いいきっかけになったと割り切ってどんどん捨ててしまうようにすれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後の生活を快適に過ごすためにも大切ですよね。

ここで悩むのが贈答品でしょう。その中身はともかくとして、のしのマナーが困りますね。あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、のしは外のしが最適です。
表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記名するように指定すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。引っ越しの場合、ガスコンロを気にかける必要があります。

それは、他の物と別で、ガスの元栓をストップしてからでないとできないからです。それに加え、ホースや器具にほんの少しガスが残っていますので、タバコを吸わないのは当然の事、部屋の窓等を十分にオープンにして、換気しておくといいです。
「引越しソバ」という慣習とは転居の際にご近所への初めましての挨拶として持っていくものです。

私も一度だけですがもらったことが昔、あります。

細長いソバとかけて、細く長いご縁をこれからよろしくお願い申し上げます。という感じのメッセージがあるもののようです。
引越しの時に行うガスの解約は、転居する日よりも前から申告できるので、迅速にネット等から申告しておく方が正解です。
格安 引っ越し 会社